エコに貢献できるバイオガス発電|注意するべき改正フロン法とは

男性と女性

扱いに注意すべきエアコン

作業員男性

フロンガスや代替フロンが使われているエアコンであれば、劣化や取り換えの際に環境に悪影響を与えるガスを漏らしてしまうため、改正フロン法に抵触する恐れがあります。エアコンを扱う専門の会社に依頼すれば、点検や取り換えも安全に行なってくれます。

もっと読む

電気代を大幅にカット

ソーラーパネル

広い農地を有効活用する方法として、ソーラーシェアリングが挙げられます。太陽光パネルを農地に設置することで、電気代を大幅に節約できます。太陽光パネルは任意に稼働できるので、作物にも十分太陽光を当てることができます。

もっと読む

クリーンな発電法

発電所

エコロジーな発電方法として、最近ではバイオガス発電が注目を集めています。このバイオガス発電とは、家畜の排便や食品廃棄物などを発酵させ、可燃性の高いメタンガスを燃焼させて発電させる方法です。従来の火力発電との違いは、ダイオキシンなどの環境負荷を与える物質が出ないことでしょう。燃料の不完全燃焼によって発生するダイオキシンは、環境ホルモンとも呼ばれる物質であり、動植物に多大な影響を与えるとして問題視されています。これに対してバイオガス発電では、ガスを燃焼させて発電する方法であるため、不完全燃焼によってダイオキシンが発生することはありません。放出される二酸化炭素の問題も、カーボンニュートラルによって結果的に放出量が増加することはないので、環境に対して極めてクリーンな発電方法といえます。

バイオガス発電を行なう施設を建造することで、消費者から好印象を受けられる電力会社を作ることができるでしょう。電力自由化によって、多くの消費者はより魅力的な電力会社との契約することを希望しています。同じ価格でも、環境にやさしいクリーンな方法で発電しているとアピールすれば、好んで契約をする消費者も多いでしょう。電力会社を新たに立ち上げたいと考えているならば、バイオガス発電による発電方法が最適といえます。地元農家と契約を結ぶことで、メタンガス生成の元となる廃棄物も多く獲得できるようになります。多くの農家は格安で提供してくれるので、低コストで発電を行なうことができるでしょう。

雨天で快適に着けられる

メンズ

量販店などで売られているカッパは、動きづらく蒸れやすいので、雨天時に作業をする上で邪魔なものとなります。作業用カッパであれば、透湿性の高い生地を使い可動領域の広い縫製のカッパを作ってくれるので、雨天時でも快適に作業ができます。

もっと読む