エコに貢献できるバイオガス発電|注意するべき改正フロン法とは

男性

電気代を大幅にカット

ソーラーパネル

広大な農地を保有している農家であれば、土地の有効活用をどのようにするべきか、悩んでいる人も多いでしょう。作物は一年中育てられるわけではなく、一定の期間休耕させるものです。作物を育てると土地の養分が減ってしまうので、休耕によって土に住む微生物のバランスや窒素酸化物の補充をさせる必要があるのです。しかし、作物が育てられなくなる場合、収入の面で問題となります。多くの農家は収穫後、畜産などの別の仕事を行ないますが、それでも家計を安定させることは難しいものです。休耕状態の余った土地を活用して家計を安定させたいと考える人も多いでしょう。そういった農家の人にオススメできるのが、ソーラーシェアリングです。農地にソーラーパネルを設置することで、安定した電力を得ることができます。広大な土地を活用して電力を得られるので、ソーラーシェアリングによって電気代を大幅にカットできます。

ソーラーシェアリングのために、多くの農家に導入されているソーラーパネルは、畑の数カ所に柱を立てて電力を得るパネルです。作物が実ったとしても、パネルを覆ってしまうことはないので、休耕地だけでなく一年中太陽光発電の恩恵を受けられます。パネルを設置してしまうと、影ができてしまうことで育てている作物に太陽光を当てられず、満足に育たなくなるのでは、と考える人も多いでしょう。ソーラーシェアリングで使用される太陽光パネルは、農家の手で自由に稼働させることができます。パネルを稼働させることで影を作らせず、なおかつ太陽光発電による電力も得られるので、多くの農家がこのソーラーパネルの設置を行なっているのです。