エコに貢献できるバイオガス発電|注意するべき改正フロン法とは

男性

扱いに注意すべきエアコン

作業員男性

改正フロン法によって、定期的なエアコン機器の点検を行なうことが義務付けられました。もはや家電の一つとしてのイメージが定着しているエアコンですから、わざわざ点検を行なわなくてもよいのでは、と考える人も多いでしょう。しかし、エアコン機器の中にはフロンガスが未だに使用されている機器もあるので、空気中に漏洩させることを防ぐため点検が義務付けられているのです。かつてエアコンや冷蔵庫などに使われていたフロンガスは、オゾン層を破壊するとして現在では使用を制限されています。しかし、古く大型の業務用エアコンなどには、一部フロンガスが使用されている機器もあるため、改正フロン法で厳しく管理を要求されているのです。機器の劣化や取り換えによってフロンガスが漏れる可能性があるので、施設の管理者はエアコンもしっかりと管理しなければならないでしょう。エアコン機器を扱う専門の会社に依頼することで、エアコン機器の点検や修理、取り換えをフロンガスを出さずに行なうことができます。

エアコン機器を廃棄する場合も、漏洩するフロンガスには気をつけなければなりません。事業の撤退により、エアコン機器などの処分をする会社であれば、その機器にフロンガスが使用されていないか調べましょう。例え代替フロンが用いられていたとしても、漏洩させれば温室効果ガスを放出させたとして、改正フロン法に抵触する可能性があるため注意が必要です。エアコン機器を扱う会社に依頼すれば、エアコンの処分も安全に行なえます。改正フロン法に違反すれば高額な罰金を請求されるため、多少費用が掛かったとしてもエアコンを扱う会社に依頼するのが一番なのです。